胃腸風邪の治し方とは?

Sponsored by Google

腹痛

胃腸風邪はお腹に集中して
様々な症状がおきます。

風邪とついている理由については、
細菌性やウイルス性などの特性があるからでしょう。

胃腸風邪の主な症状でお腹の痛みなどがありますが、
他の病気の可能性もある為、
決めつけず早急に診察を受けて
改善を目指すべきです。

今回は
胃腸風邪の原因や症状、改善方法
お伝えしたいと思います。

 

Sponsored by Google




【TOPICS】

■胃腸風邪の原因と症状
■胃腸風邪の治し方

 

 胃腸風邪の原因と症状

胃腸風邪の多くは細菌やウイルスが原因
だと考えられています。

ウイルスは気温が低くて乾燥している時期に
活発になる為、11月から4月ごろが流行するとも
言われています。

細菌による胃腸風邪については時期はなく
1年を通して発病する可能性がある為、
冬場に胃腸風邪になった場合、
区別がしにくいようです。

また、暖かい季節や梅雨時には
食中毒と診断されるケースがほとんどで、
ストレスからくるものや
胃腸炎の可能性も疑われます。

症状は、吐き気や下痢、腹痛、
風邪に似た症状も同時に発生するのが、
特徴と言えます。

脱水症状によって危険な状態になる場合が
あるので、注意が必要でしょう。

また食欲がなくなるのも症状のひとつです。
食べては吐いてしまう為、
食べる気にはならないはずです。

 

 胃腸風邪の治し方

胃腸風邪は大人も子供も発病します。

子供の場合は大人と違い
病気の時はひどく不安になったり、
甘えたくなり、わがままを言ったりと
大変です。

大人と子供両方に言えることは、
胃の中を空にしたらお粥などの食事を徐々に、
つまりは吐き気が収まるまで
口には水分の摂取しかしてはいけない

いうことです。

大人でも辛い胃腸風邪ですが、
子供の場合、大人が管理してあげなければ、
回復が遅くなる為、注意が必要でしょう。

 

現在、胃腸風邪用の薬というのは存在しません。
診察後に処方されるのは、
整腸剤や抗生物質などが一般的です。

ただそうかといって
市販薬で何とか治そうとするよりは
病院の診断を受けた方が賢明です。

自分の判断で胃腸風邪と
決めつけないことです。

他の病気の可能性もある為、
体調を崩した時は無理せずに
診察を受けるのをお勧めします。

病院に行くことによって
精神的な不安が取り除かれることも
メリットとして大きいですね。

そして病院の指示に従って薬や、
食事方法を実践するのが、
一番の回復への近道です。

 

 【まとめ】

・胃腸風邪にはウイルス性と細菌性がある。
・脱水症状も伴う為、危険性のある病気。
・病院で診察を受けて、医師の指示に従って行動すること。

 

Sponsored by Google

コメントを残す