NARUTOの名言-独断と偏見でベスト3

Sponsored by Google

現在、週刊少年ジャンプで人気を誇っている
ド派手忍術バトル漫画”NARUTO”

naruto

日本の歴史ある忍者を題材にしているせいか
海外からの支持も高く
まさに大人気作品といっても
過言ではないですよね。

どちらかと言うと
日本より海外からの反応が良い
ようで
尊敬する日本人100人の中にアニメキャラで選出されたり
ヨーロッパで単行本の発行部数が桁違いに多いなど
話題をよんでいます。

そんな漫画”NARUTO”
魅力や名言をご紹介したいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■NARUTOの魅力
■NARUTOの名言

 

 NARUTOの魅力

”NARUTO”の主人公は幼いころに両親を亡くし
里のみんなから厄介者扱いされるました。

ただ夢を追い続けるひた向きさに
心を奪われた人も多いはずです。

 

”NARUTO”には大きく分けて2つの
魅力があると考えます。

一つ目は「人と人とのつながり」です。

”NARUTO”は作者がこだわりをもっているという
家族や仲間への愛というものを
全面にだしている作品となっています。

 

二つ目は「ド派手な忍術アクション」です。

作中に登場する各キャラクターが
繰り出す忍術は個性的かつ独創的で
手に汗握る攻防に思わず息を飲んでしまいますね。

忍術と言うよりは超能力的な部分が
多々見られますが、忍者自体をデフォルメし、
分かりやすくした結果
NARUTOの世界観が生まれたと言えるでしょう。

 

 NARUTOの名言

”NARUTO”では様々な名言が生み出されてきました。
その名言を筆者の独断でランキングにて
ご紹介させていただきます。

 


「あの一人ぼっちの苦しみはハンパじゃねぇよなぁー
 なんでかなぁお前の気持ちは痛いほど
 わかるんだってばよぉ」

幼少期に周りから疎まれた主人公だからこそ
分かる気持ちがあるということですね。

他人の痛みを感じることができる心の
綺麗さが目だった一言ですね。

 


「俺にとっちゃ・・・やっとできた繋がりなんだ」

嫌われ続け孤独だった主人公にとって
人との繋がりはかけがえのないものになっていようですね。

 


「言ったことは、まげねぇ。・・・それが俺の忍道だ!!」

自分自身の考えに疑いがなく
それを信じて行動をし続けようとする
強い意志が感じられる一言です。

 

他にもご紹介したい名言は多くありますが
人との繋がりや、自分を信じて行動する主人公を
描写した名言をご紹介させていただきました。

まだ連載されているのでこれからも
さらなる名言が生まれるかもしれませんね。

 

 【まとめ】

・日本よりも海外から注目されている。
・NARUTOの魅力は人との繋がりとド派手な忍術アクション。
・各キャラクターの言動がNARUTOの世界観を作り出している。

 

Sponsored by Google

コメントを残す