夜咳が止まらない場合の対処法は?

Sponsored by Google

今の季節、大人から子供まで
どんな人も問わず風邪の猛威に悩まされます。

そしてただでさえ失われている体力を
さらに減退させるのが、厄介な「咳」。

咳

一度出始めると延々と続くあの咳…
しかも夜寝ている時などに
突如この咳に苦しめられたことはありませんか?

家族はうっとおしい目で見るし、
自分は辛いしで二重苦ですよね。

何とかならないものなの?
ということで、少し調べてみました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■夜になると出る咳の原因は?
■よい対処法はある?

 

 夜になると出る咳の原因は?

これ、結構「夜になると不思議と咳が出る」
思っている人も多いようですが、
不思議なことではなく
れっきとした理由が様々あるようです。

 

まずは、【気道過敏性】と呼ばれる気管支や気道が
過敏になりやすい傾向が体に起こるため。
これが夜になると活発になるんだとか。
いい迷惑ですけどね…

 

そして次は、
【副交感神経が活発になる夜に気管支が収縮しやすくなる】
というもの。

このため喉の気道が狭くなり
咳に繋がるというものです。

つまりは、寝る体勢にも
よるということでしょう。

仰向けに寝ると鼻水が喉に回って
咳が出たりするそうです。

他にも、口を開けて寝ると喉の乾燥を起こしたり、
痰を無意識に気管支に吸い込んで咳が出たりするそうです。

 

 よい対処法はある?

肝心なのはここからです。
実際咳き込みが酷くなってしまった場合
よい対処法はあるでしょうか?

一番先にしたいことは、
【喉の乾燥を止める!】ということです。

冬は最も乾燥が激しい季節ですので、
夜は家にいてもマスクをしたり、
加湿器で空気を循環させましょう。

 

そして寝ている時突然咳に襲われた場合は、
・温かい飲み物を飲む(生姜湯など)
・上体を高くして寝る

ことでかなり緩和されるそうです。

 

生姜は、古来から漢方薬としても有名です。

生姜にはカリウムや亜鉛、銅などのミネラルが
多く含まれており、咳に効くと言われています。

生姜を大さじ一杯分ほど摩り下ろし、
200CCのお湯に混ぜてゆっくり飲みましょう。

ただし、小さな子供さんや生姜が苦手な人もいますので、
その時ははちみつなどを混ぜて飲みやすくしましょう。

 

また、寝ている時の体勢も注意できます。
肺から喉にかけて圧迫されていると
気道が狭まり咳の原因となります。

クッションやタオルなどで
背中の位置をワンランク上げてみましょう。
これだけでも随分楽になります。

 

とは言え、これはあくまで対処法であって
治療法ではありません。

2週間以上咳が続く場合は、
今流行の咳喘息の可能性もありますので
こちらの記事も参考下さい。
咳喘息の治し方とは?

また気管支炎や肺炎などの病気の可能性もありますので、
呼吸器感染症に診てもらいましょう。

 

 【まとめ】

・夜に咳が出る原因は、気管支や気道が過敏になりやすい【気道過敏性】によるもの。
・喉の乾燥やたんが気道に回ってきて咳が出る。
・対処法は、日頃から乾燥を防ぐためにマスク着用や加湿器を利用する。
・寝ている時に起こった場合は、温かい飲み物で喉を潤す。
・寝ている際の喉の気道を広げるために、背中の間にワンクッション置いてみる。

 

Sponsored by Google

コメントを残す