急な頭痛-原因と対処法とは?

Sponsored by Google

頭痛…なんとも嫌な言葉です。

頭痛

日常的に悩まされている人、
突発的になる人、体調が優れずなる人、
様々ですが、とにかく頭痛って厄介です。

一日気分も悪くなりますし、効率悪くなりますし、
時には気持ち悪くなることもありますね。

今回は、そんな歓迎されない
突然起こる頭痛の原因と、
どうにかしてその場しのぎで
頭痛を止める方法はないものか、
探ってみました。

頭痛薬は余り飲みたくない、
という人の参考になれば嬉しいです。
*頭痛は、重大な脳の病気と関連している場合もありますので
まずは病院へ行くことも大事かと思います。

 

Sponsored by Google




【TOPICS】

■突然起こる頭痛の原因は?
■その場ですぐできる対処法はある?

 

 突然起こる頭痛の原因は?

まず、原因と言っても一つに絞ることは当然できません。
持病、遺伝、他の要素様々頭痛は原因があるからです。

でも、元々頭痛持ちでも病気でもない人に
突然起こる場合に考えられるのは
【緊張型頭痛】というものです。

眼精疲労という言葉はよく聞くと思いますが、
目から頭痛に繋がるものでどちらも関連しています。

これは、仕事で長時間パソコンの画面と
にらめっこしている人に多いもので、
ストレスが目や肩に溜まることで血行が悪くなり、
疲労物質が頭痛に繋がるものです。
誰もが経験あるかもしれませんね。

 

他には、一般的に広く知られている
【偏頭痛】があります。

これは、ストレスなどが原因で生じる
セロトニンという物質が異常に増え、
増えたセロトニンが、太い血管を収縮させた後、
急激に脳内で血管が膨らむことで
頭痛が起こると言われています。

 

 その場ですぐできる対処法はある?

どちらの場合も、
【血行が悪くなる】ことが頭痛に繋がる共通点です。

となれば、この血行をよくしてあげることが
最善の対処法です。

勿論必ず誰にでも効くとは限りませんが、
以下の点をぜひ試してみて下さい。

 

 こめかみや首筋などを冷やす、もしくは温める

注意しなければならないのは、症状です。
偏頭痛は血管が広がっていることが多いので、冷やすこと。

反対に、ストレスによる眼精疲労から起こる頭痛の場合は、
血管が縮んでいるので温めることです。

 

 暗い場所で横になる

これは偏頭痛の場合ですが、
光などでも痛みが増す傾向にあるそうです。

とりあえず、暗くて静かな場所で横になって
気持ちを落ち着けてみましょう。

 

 髪の毛をぐっと上に持ち上げてみる

一瞬「え?」と思われるかもしれませんが、
脳の血流を変え、促進させることで緩和することがあります。

 

 【まとめ】

・眼精疲労から繋がるストレス性頭痛や偏頭痛が原因の場合がある。
・どちらも、血流の乱れが原因と言われる。
・血行の乱れを抑えることが大事、ストレス性によるものであれば
 こめかみなどを温める、偏頭痛であれば冷やしてみる。
・光に反応することもあるので、暗い場所へ移動。
・命に関わる病気の場合もあるので、頭痛が起こった場合はとにかく病院へ行く。

 

Sponsored by Google

コメントを残す