残尿感を解消するには?【原因、治し方とは?】

Sponsored by Google

トイレに行っても、
「尿がまだ出るかも」と感じたことはありませんか?
これを残尿感といいます。

トイレ

残尿感があると、日常生活で集中できない場面が多くなり
仕事中や授業中、何度もトイレに行くことで
周りからの視線も痛く感じる時もあるでしょう。

そんな残尿感を解消するには
どうしたら良いのでしょうか?

今回は、「残尿感」について
原因と治し方をお話したいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■残尿感の原因とは?
■残尿感を解消するには?治し方は?

 

 残尿感の原因とは?

残尿感を感じる原因には、
様々なものがあります。

 

 病気が原因

残尿感を感じるのは
「膀胱炎」が原因となっていることが多いです。

トイレに行く時間がなくて我慢してしまったり、
子供が排尿感があるにも関わらず我慢してしまうなど、
年齢を問わず誰でも起こり得る病気です。

排尿時に痛みがあるのも特徴です。

また、婦人科系の病気やお腹周りの病気が原因で
膀胱炎を併発することもあるので、
そういった病気に心当たりのある場合は
医療機関を受診して検査をした方が良いでしょう。

膀胱炎は女性の病気ですが、
男性の場合は「前立腺肥大」や
「前立腺炎」
といった病気に
残尿感を感じるといった症状がみられます。

 

 ストレスが原因

体は健康なのに、
残尿感を感じてしまうことも珍しくありません。
そういった場合の原因は、ストレスにありました。

ストレスを感じると、自律神経が乱れるので
そうした心の病が原因になることもあるのです。

人間はストレスを感じると
交感神経が働くのですが、
この神経が働くことで膀胱が小さくなるので
すぐにトイレに行きたくなるのです。

 

 加齢が原因

年齢と共に尿に関する悩みが増えると聞きますが、
それは避けられない筋肉の衰えによるものです。

年齢と共に下半身の筋力は低下していくため、
尿を完全に出し切ることが出来なかったりと、
どうしても加齢と共に残尿感を感じることが
多くなっていくのです。

 

 残尿感を解消するには?治し方は?

残尿感を解消するには、
どうしたら良いのでしょうか?

 

 規則正しい生活を心がける

生活習慣の乱れは、
何事にも悪影響を与えてしまいます。

寝不足や運動不足は、
体を衰えさせる原因になってしまいますので
日頃から規則正しい生活を送りましょう。

また、残尿感を感じているからと
水分を取らないでいるのは逆効果です。

特に膀胱炎の場合は、細菌を減らすためにも
水分補給が大切になります。

 

 トイレを我慢しない

仕事柄どうしてもの場合もあるかもしれませんが、
仕事前に必ずトイレに行っておくなどして
なるべくトイレは我慢しないようにしましょう。

また、子供の場合は
トイレに行きたいことを
我慢するのは良くないことだと
教えてあげれば我慢することもなくなるでしょう。

 

 ストレスをためない

残尿感の原因にストレスがあるので、
このストレスを無くしていけば
自然に残尿感を感じることも
少なくなっていくというものです。

これは、膀胱炎などの病気が
原因でない場合のお話です。

ストレスをためない生活というのも難しそうですが、
ストレスを感じても
それをリフレッシュさせることが大切なのです。

自分の好きなことをする、
好きなものを食べるなどして
ストレス発散をし、気持ちの良い生活を送っていれば
残尿感を感じることもなくなっていくでしょう。

 

 医療機関を受診する

膀胱炎の可能性や、
その他の病気の可能性がある場合は
必ず医療機関を受診しましょう。

膀胱炎は、処方された薬を
服用することで治せます。

また、残尿感を感じるという症状のある
他の病気の可能性がある場合は
精密検査をして原因を追求していきます。

 

 【まとめ】

・残尿感の原因の多くが女性の膀胱炎である。
・残尿感は病気の他に、ストレスや加齢が原因で起こる。
・残尿感を解消する為には、規則正しい生活が効果的。
 トイレを我慢しないようにしたり、ストレスをためないことも大切。
・膀胱炎の場合は、医療機関を受診すれば治すことができる。

 

Sponsored by Google

コメントを残す