指をポキポキさせると太くなる?【原因、体に悪い?】

Sponsored by Google

指をポキポキさせる…

指
*北斗の拳より引用

クセになっている人もいますが、
体にどのような影響があるのか?
ちょっと調べてみました。

筆者の息子も指をポキポキ鳴らすようになって、
何度注意してもまたやってるんですよね。

これは癖になってるようだから早く止めさせないと!
と心配になってきたのですが、
やはり指を鳴らすと指は太くなるものでしょうか?
体にも良くないんでしょうか?

子供に止めるよう言うにしても、
その理由をちゃんと説明するためにも、
指をポキポキ鳴らすことで体にどんな影響があるのか?
詳しく調べてみたいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■指をポキポキさせると太くなる?
■太くなる原因は?
■体に悪いのか?

 

 指をポキポキさせると太くなる?

指を鳴らすと太くなるのかという疑問の答えですが、
答えはイエス。
関節が太くなってくることは事実です。

同じところを毎日1、2回鳴らす程度であれば、
関節には何の変化も起こらないので問題はありません。

でも、1日10回以上1ヶ月続けて鳴らすと、
関節に変化が現れてきます。
炎症を起こして太くなるのです。

 

特に危険なのが、癖になってやめられないという人。
この場合、先ほどの条件に当てはまり
関節が炎症し、病的問題が発生するのです。

問題が出てきてからでは大変です。
癖になる前に意識的にやめることが重要です。

 

そもそもポキポキの音は
なぜなるのでしょうか?

骨同士の隙間にある
潤滑油の役割をしている関節液があり、
関節を急に曲げたり引っ張ったりすると、
関節内が真空状態になり関節液が気化し、
それが弾けて音がするのです。

その弾けた音が軟骨や骨、腱などに反響した音、
それがポキポキの正体というわけです。

同じ指を続けて音を鳴らすことはできないのは、
関節液が気化して弾ける際に、
小さな気泡が無数に飛び散るので、
しばらく発生しにくい状態になるのです。

確かに、続けて同じ指では音が鳴らないと思ってたのは、
こういう仕組みからだったんですね。

 

では、このポキポキは骨の音ではないのなら、
指を鳴らして指が太くなっているのは、
骨の影響ではないということでしょうか?
じゃあなぜ指は太くなるんでしょうか?

その疑問は次で説明したいと思います。

 

 太くなる原因は?

同一関節を1日10回以上、
1ヶ月続けて鳴らしていると、
炎症を起こして関節が太くなってきます。

実際、指周りを測ると
太くなっている実例があります。

触ってみても硬く、
骨が太くなったような気がします。

でも、レントゲンを撮ってみると
骨は太くなってはいない。

 

では、いったいなぜ太くなったのでしょうか?

指を鳴らすと炎症を起こすことは言いましたが、
その際その炎症を治そうとする働きが起こり、
それが何度も繰り返されると、異常に分厚い状態になり、
軟骨が肥大化してしまう現象が起こります。

これが関節周りを太くしてしまう結果になるのです。

 

専門家の研究結果によると、
関節の太さは指を鳴らす回数が
大きく影響するそうです。

軟骨は数十回続けて鳴らすことで肥大化をはじめ、
全く鳴らさない場合は2週間程度で減少し始めます。

ということは、太くなってしまった関節も、
鳴らさないように気をつけていれば、
回復する可能性がある
ということになります。

 

もし関節が太くなってしまってお悩みの方は、
頑張って指を鳴らすのを止めてみれば、
2週間後にはその結果が現れ始めると思われます。
諦めずに癖づいた指ならしを止めてみましょう。

 

 体に悪いのか?

指をポキポキ鳴らすと、関節に圧力がかかります。
関節への圧力はかけないに越したことはない。

関節包や靭帯に良くない影響を
及ぼす恐れもあるそうです。

関節や軟骨、靭帯を傷つけてしまっては大変です。
靭帯がゆるくなって
関節が弱くなる可能性もあります。

 

また、指を鳴らす人のほとんどが、
最初は音がする面白さやスッキリするといった事からで、
そのうちどんどん回数が増えて癖になっていくのです。

あまり癖になって鳴らし続けていると、
関節のダルさや違和感、痛みが出てきたりします。

関節を鳴らすことで
それが緩和される気がするので、
鳴らす癖がさらに続くことで関節がさらに炎症し、
肥大化します。

 

何よりも怖いのが、鳴らさないといられない、
苦しくてたまらなくなってしまうといった癖です。

そうなると一種の中毒みたいなものです。
やらないと耐えられなくなってしまうのです。

 

生活面でも指輪が入らないといった不便も出てきます。
私の知人でも結婚指輪を作る際苦労した人がいます。

関節を通らないといけないのでそれに合わせると、
指の部分ではブカブカでクルクル回るほど。
仕事をする際などに指輪が動くので不便そうですよ。

 

また、関節を鳴らす癖がある人は、
節々の関節を鳴らす傾向にあると言います。

つまり、指をポキポキさせる人は、
ほかにも体の関節を慣らしがちだということです。

その際に最も危険なのが、です。
首には脳につながる神経などがあるので、
損傷を与えるようなことがあっては大変です。

結局のところ、やりすぎるのが問題ということですよね。
何事もそうですが、ほどほどでとどめることですね。

 

 【まとめ】

・指をポキポキさせると太くなるのは本当。
・損傷した軟骨が修復しようとすることで太くなる。
・指を鳴らすと関節や軟骨、靭帯を傷つける恐れがある。

 

Sponsored by Google

コメントを残す