口の中の血豆の原因とは?【治し方は?】

Sponsored by Google

今回は口の中の血豆について
お話します。

舌

うちの子は口内炎がなかなか治りません。
というより、次々と作ってしまうみたいです。

ちょっと舌が長めみたいで、
それも影響あるかもしれません。

以前に舌を噛んでしまってすごい出血で、
慌てて救急口腔に駆け込んだ事もありました。

その後、血豆のような感じになったのですが、
なかなか口の中のトラブルが耐えません。

そういえば、口内炎と口内血豆は違うと知ったのも、
その救急口腔に行った時でした。

口の中にできるものは
全部口内炎みたいに片付けていますが、
口の中のトラブルでもいろんな原因があり、
それによって治療も対処も違う事もあるんですよね。

口の中の血豆って、できたらビックリします。
口の中を圧迫しているので食事もしづらいですし、
見たときは驚きましたし、困惑しました。

口内炎と違って口内を圧迫するので
本人も辛いようです。

そもそも口血豆って
どうしてできるんでしょうか?

口内炎との違いって何なんでしょうか?

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■口の中の血豆の原因とは?
■口の中の血豆 治し方は?
■口内炎との違いは?

 

口の中の血豆の原因とは?

ある特定のお店や食品を食べると血豆ができる、
そんなことを訴える人もるといいます。

いったい、なぜそんな事がおきるのでしょうか?

 

口の血豆の原因はいくつかあげられますが、
よく言われる原因に
ビタミン不足というものがあります。

野菜

 

ほかには口腔粘膜が傷ついた事による出血
主な原因はこの2つがあげられます。

 

しかし、まれに病気の前兆であったり、
サインとも取れる場合もあります。

悪性の場合はガン細胞に発展する恐れもあるので、
そうなると早期の切除手術が必要になります。

そういう病気の場合以外の
突発性血豆のほとんどは、
口の中を噛んでしまったり、
ぶつかったりしたことによる外部からの打撃、
歯並びや噛み合わせの悪さにより
口内を傷つける等が原因
です。

そのほかにも歯周病などによっても
血豆ができる事があります。

 

口の中の血豆 治し方は?

口の中の血豆は、良性で一時的なものが多く、
自然に治癒するものがほとんどです。

血豆がつぶれて出血してしまって、
なかなか血が止まらない、血豆に膿がたまるなど、
気になる症状があるような場合には、
口腔外科での診断と処置が必要になります。

 

ただ怖いのは悪性の血豆です。
悪性の場合は治癒したと思っていても再発したり、
できる原因に心当たりがない場合などが多く、
まれにその場合は悪性腫瘍だと思われます。

もちろん、早期発見に
こしたことはありませんし、

まずは口の血豆の原因を自分なりに分析し、
ビタミンが不足しているなと思ったら摂取し、
口腔内を傷つけるような事が思い当たれば、
修復するまでは口の中が傷つくような食事は避けたり、
そうした対策をして様子をみましょう。

それらが思い当たらない場合や、
いつまでも治らないなら、
病院での診察をすることをおすすめします。

 

口内炎との違いは?

口の中の粘膜の炎症
まとめて口内炎と言います。

その口内炎の中でも
いろいろな種類があると言います。

口内炎で最も一般的なのはアフタ性口内炎で、
表面が白っぽく窪み、
周りが赤い円形か楕円形のものです。

口の中の血豆は潰瘍性で血腫と呼ばれます。
舌や唇、唇の裏のほか
歯茎などにもできたりします。

つまり、口の中の血豆と口内炎とは別のものです。
血豆は血腫と呼ばれる腫瘍で、
口内炎は炎症です。

できる場所の傾向も少し違いがあり、
血豆は口の中の粘膜や舌にできる傾向があり、
つぶれると口内炎の原因にもなるといわれています。

 

いずれにしても、口の中のこうしたトラブルは、
なかなか治りにくい傾向にあります。

というのも、薬などをつけることが難しいからです。
うちでも受診の際、一応薬をいただきましたが、
どうしても塗っても唾液などで流れてしまうので、
塗っている意味があるのか微妙って感じでした。

自然に治癒するのを待ちつつ、
血豆や口内炎ができる原因をなるべく避けるのが、
最も大切だと言えそうです。

 

 【まとめ】

・口内血豆の原因は口腔粘膜の傷かビタミン不足が多い。
・良性で一時的なものが多くほとんど自然治癒する。
・血豆は腫瘍で口内炎は炎症、二つは別のもの。

 

Sponsored by Google

コメントを残す