子供の首のリンパの腫れ 対処法は?

Sponsored by Google

ふと子供の首のリンパが腫れているのを見つけたとき、
どうしたんだろう!?と心配になってしまいますよね。

リンパ

首のリンパが腫れているということは、
風邪かな?ウイルス感染したかな?
とあれこれ考えますが、
前回引いた風邪が原因だったりもします。

子供は一度晴れると、風邪が治ったとしても
何ヶ月も腫れたままであることが多いからです。

では、その他には
どんな原因や症状・対処法があるのでしょうか?

今回は「子供の首のリンパの腫れ、対処法は?」
をお話したいと思います。

 

Sponsored by Google




【TOPICS】

■首のリンパの腫れの原因は?
■首のリンパの腫れの対処法は?

 

首のリンパの腫れの原因は?

首のリンパが腫れるのは、
リンパ液の中に混入した異物や病原体をせき止めよう
という働きが活発になることで起こります。

人間の体の中には血管と同じように
リンパ管というものも張り巡らされています。

その中をリンパ液がゆっくりと循環しているのですが、
リンパ管と血管はつながっていて、
その間を白血球の一種であるリンパ球が
行き来しているのです。

このリンパ球は、異物へ反応する体の免疫機能に
重要な役割を果たしているので
体を異物や病原体から守ろうとする働きが起こるのです。

 

首のリンパの腫れの対処法は?

首のリンパが腫れた時の症状は、
以下の3つを伴うことが多いのですが、
症状によって対処法も変わってきます。

・痛み
・発赤
・熱感

 

 痛み・発赤・熱感がある場合

これらの症状の場合は、
ウイルスから体を守っている場合に多い症状です。

リンパの腫れがある場所への
炎症に対して起きているので、
首のリンパが腫れている場合は、
扁桃腺の炎症によるものだと思われます。

ひどくなると化膿してしまい
場合によっては切開手術が必要になることもあるので、
早めに医療機関を受診しましょう。

 

 あわせて発熱・発疹・目、唇、手のひら、足のうらの赤みがある場合

ウイルスから体を守っている時の痛み・発赤・熱感の他に
幼児期から学童期の子供で
発熱・発疹・目、唇、手のひら、足のうらに赤みが出ている場合は
抗生剤による治療を始めます。

よくならない場合は川崎病の可能性も疑って、
詳しく診ていきます。

 

 しこりがある場合

1cm以上のしこりがあり、
2~3週間のうちに明らかな増大傾向が見られ、
触ったとき硬かったり、
普段腫れによる痛みを感じない場合は
がんなどの悪性疾患の可能性があるので、
必ず医療機関を受診します。

 

 心配のないもの

大人に比べると、子供はリンパの働きが活発なので
腫れが見られることは結構あるのです。

・腫れが1cm以内
・触った感じがやわらかい
・痛みや発赤、熱感がない
・増大傾向がない

などの場合は、リンパの腫れがあっても心配は要りません。
自分で判断が難しい場合には
医療機関を受診してみても良いでしょう。

 

 【まとめ】

・体の中へ入ってきた異物や病原体などのウイルスを
 せき止めようとして腫れが起こる。
・痛みや発赤、熱感のある場合やその他の症状やしこりが見られる場合は
 必ず医療機関を受診する。
・リンパが腫れた時に見られる症状が特にない場合は、
 活発な働きによる正常な腫れなので特に心配することはない。

 

Sponsored by Google

コメントを残す