健康診断の前日の過ごし方とは?

Sponsored by Google

誰でも、自分の体の健康を一番に気にするものです。
そのために、定期的に健康診断を受けると思います。

健康診断

ある程度何度か受けたことがある人なら
緊張もしないと思いますが、
不慣れですと色々緊張するものですよね。

自宅に届く紙の説明だけだと何となく不安…
ということも多いと思います。

せっかく受けたのに、「再検査」
なんてなったら時間も体力も無駄になってしまいますので、
ぜひ健康診断の前日の過ごし方を覚えておいて、
スムーズに、そして正常値で図れるようにするための
心がけをチェックしておきましょう。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■特に意識すべき点は、体内摂取の様々な物への理解
■リラックスして受けましょう

 

特に意識すべき点は、体内摂取の様々な物への理解

健康診断を受ける前日に、
やはり一番に意識・注意しなければいけないのは、
食事や普段服用している薬などを、
体内に残しておくか避けるか、
をはっきり見分けておくこと
です。

送られてくる説明用紙にも書いてありますが、
ほとんどの場合が検査当日の
前の日10時間以上から絶食が求められています。

朝8時から検査が始まる場合なら、
前日22時以降は食事をしてはいけません。

これは、血液検査や尿検査の結果に影響が出るためです、
しっかり守りましょう。

とは言え、水分まで断ってしまうと
尿酸値などが通常より上がってしまうそうです。

検査当日は飲めませんが、
絶食の時間に入っても水分は取れますので
注意して取りましょう。
心配なら、病院に確認するとよいですね。

 

他にも、普段から服用している血圧や
糖尿病などの薬はどうするか
という点です。

一般的には、心臓病や高血圧の薬な服用してよし、
とされてはいるようですが、
これもしっかり病院に聞いておくべきですね。

 

当然、アルコールはできるなら
前日から控えておきましょう。

まあ、検査があると分かっているのに
アルコールを飲むことも少ないとは思いますが。

ちなみに前日の飲食はどこまでOKか?については
こちらの記事も参照下さい。
健康診断 前日の飲食はどこまでOK?【食事、お酒は?】

 

リラックスして受けましょう

そして大事なのは、
余り緊張し過ぎないことです。

検査の日だけよい数値を遺したところで、
普段の健康状態が分からなければ意味が無い訳ですから、
いつもの自分の体の状態を見てもらえるよう、
リラックスして受けます。

ですので、前日は睡眠不足などにならないよう、
しっかり休んでおくことです。

 

 【まとめ】

・食事の絶食時間などをしっかり守ること。
・服用している薬は、前もって検査機関にしっかり確認を取る。
・前日は、緊張し過ぎずリラックスしてよく睡眠を取る。
・何か不明点がある時は、病院に確認を取るのがよい。

 

Sponsored by Google

コメントを残す