【健康診断】心電図で異常の場合は対応は?

Sponsored by Google

心臓の筋肉が全身に血液を循環させるためには、
拡張と収縮を繰り返します。
この時、微弱な活動電流が発生します。

心電図

その変化を波形として記録して、その波形の乱れから
病気の兆候を読み取ろうとするのが心電図検査です。

この心電図検査では心臓病の発見や病状の把握、
治療効果の確認や薬の副作用の発見などに
欠かせない検査となっており、
比較的簡単に行えるものであることから、
よく用いられる検査です。

そんな心電図検査において、
異常との結果が出た場合は
どのような対応があるのでしょうか?
また、異常の場合に考えられる原因は
あるのでしょうか?

今回は、「心電図で異常の場合は?」について
お話したいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■不整脈について
■心電図で異常がある場合の対応は?

 

不整脈について

心電図で異常が確認された場合、
第一に考えられるのは不整脈です。

不整脈にも様々な種類があり、大きく
以下に分けることができます。

・頻脈性不整脈
・徐脈性不整脈
・心拍異常を伴わない不整脈

この不整脈には、心配のないものと
治療を必要とするものがあります。

 

 心配のないもの

・1分間あたりの心拍数は少ないものの、心臓の収縮は正常
・1分間あたりの心拍数が多いが、動悸や息苦しさ、めまいがない場合

 

 治療を必要とするもの

・心電図の波形に明らかな異常がある場合
・動悸や息苦しさ、めまいなどの症状があらわれている場合

 

心電図で異常がある場合の対応は?

心電図の異常で見つかる病気は
以下のようなものです。

・不整脈
・心筋梗塞
・心肥大
・虚血性心疾患
・心膜炎
・狭心症

健康診断を会社で受けて異常が出た場合は、
改めて指定の病院へ出向く必要があります。

心電図に異常が見られた場合の再検査では
まず、「負荷心電図検査」という
体を動かしている時の心臓の状態を
記録する方法でデータをとります。

次に、24時間の心臓の状態を知りたい場合には、
検査入院をして「ホルター心電図検査」
データをとることもあります。

心臓のエコー検査が行われることや、
必要に応じて心臓カテーテルなどの検査を
行う場合もあります。

費用は自己負担になります。
病院へ連絡を取り、どのような流れになるか、
費用はどれくらいかかるのかなど
気になることはあらかじめ質問しておく方が
安心できるでしょう。

 

 【まとめ】

・心電図検査で異常が見られる場合は、不整脈による原因がもっとも多い。
・不整脈には心配のないものもあるが、
 心電図検査で異常が見られる場合は必ず医療機関で再検査を受ける。
・24時間の心臓の状態を記録する「ホルター心電図検査」を行う場合は
 検査入院が必要になる。

 

Sponsored by Google

コメントを残す