家の鍵をなくした時の対処法とは?

Sponsored by Google

鍵

家に帰宅して玄関前でいつものように
鍵をだそうとポケットまたは、
鞄の中を探してなかった時の
パニックは想像を絶します。

あの時の気持ちと言ったら、
あるはずのものがないけど、
そんなの信じたくないと思ってしまいます。

筆者も鍵をなくした経験があるので、
痛い位にわかります。

今回は鍵をなくした時の対処法
お伝えしたいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■鍵をなくした時の対処法

 

 鍵をなくした時の対処法

まずはなくした際にパニックになるのではなく、
落ち着くことだと思います。

筆者はパニックになって
ずっと家に入れませんでした。

ただ経験上、焦って良いことはひとつもなく、
冷静に判断をするのが解決の一番の近道です。

 

気持ちを落ち着かせた後は
冷静になくした経緯を思いだしましょう。

家を出るときに鍵をもっていたのか、
最後に鍵を使用したのはいつなのか?

同居人がいる場合は同居人が鍵を閉めて、
自分は鍵を持っていなかったパターンがあります。

 

家の中にスペアキーがある場合は
取り急ぎ、管理会社や大家さんに連絡をして、
鍵を開けてもらう方法をとりましょう。

また、夜中の場合は24時間対応の業者に連絡をして、
鍵を開けてもらうしかないです。

鍵開け

しかし、業者に頼む際に
気を付けなければいけないのは料金が発生する為、
手持ちのお金が無い場合は
友人宅に泊めてもらうのも
ひとつの方法です。

 

また警察に届け出るのもお忘れなく。

紛失したおおよその場所を伝えることで、
該当するものが発見されれば連絡がくる可能性もあります。

 

鍵を落としたことが確実で
見つかる可能性が低ければ
早急に鍵の付け替えを業者に依頼してください。

万が一、最悪のケースを想定するならば
必要経費ではないでしょうか。

 

落とさないように対策をするなら、
外出中はむやみに鍵をポケットまたは鞄から出さず、
常にしまっておくようにしましょう。

さらにはキーケースなどにつけて、
鍵単体で所持せずにわかりやすいものにすれば、
落とす確率は減るのではないでしょうか。

 

 【まとめ】

・鍵をなくしても冷静な行動が必要
・鍵をなくした際は鍵の付け替えを忘れずに。

 

Sponsored by Google

コメントを残す