健康診断で肝機能異常が出た場合の対応は?

Sponsored by Google

もうすぐ春がやってくる…
なんてウキウキしていると、
突然アイツがやってくるのです……

それは健康診断!!(笑)

健康診断

大袈裟だろ!と思うかもしれませんが、
普段から不摂生を重ねている
筆者にとって春の健康診断ほど
恐ろしいものはありません。

だって正月から続く酒・酒・酒…
そして暴食のシワが一気に寄ってくるのがこの季節(笑)

引っかかるのを恐れて
2日前から気を付けてみても、
結局意味なんてないんですよねぇ…

前回の健康診断は無事通過した筆者ですが、
上司が肝機能値の異常で
再検査を受けていました。

明日は我が身かも!ということで
今回は健康診断で肝機能異常が出た場合について
調べてみました。
皆さんも参考にしてみて下さい。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■肝機能異常が出る原因は?
■肝機能異常が出た場合の対応は?

 

肝機能異常が出る原因は?

健康診断では
γ-GTP・GOT(AST)・GPT(ALT)といった数値で
肝臓の機能を調べていきます。

この数値に異常が見つかった場合、
肝機能異常として
再検査や精密検査が必要になります。

肝機能異常とは何らかの原因で
肝臓がきちんと働いていない状態ですから、
その原因を解明する必要があるわけです。

 

そもそも肝機能異常は
何が原因で起こるのでしょうか?

肝臓=アルコールというイメージがあるように、
アルコールの摂取により肝機能が低下することがあります。

しかし日本人の多くはアルコールよりも、
肝炎ウィルスが原因
肝機能が異常をきたす場合が多いようです。

また薬による肝機能の低下や、
ストレスや乱れた食生活なども
原因となるようですから、
一概にこれが原因とは言えません。

きちんと検査をして
原因をハッキリさせるのが大切でしょう。

 

肝機能異常が出た場合の対応は?

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、
症状が出た時にはかなり重篤な場合が多いと言います。

ですから健康診断で肝機能異常が見つかった場合、
なるべく早い段階で原因を究明して治療することが大切です。
そして普段の生活でも肝臓をいたわりましょう。

そのためにはアルコールの過剰摂取を控え、
休肝日を設けることも一つです。

1日1本ビールを飲んでいる方は、
週に1度でいいからお酒を飲まない日を作りましょう。

 

また、女性の方は頭痛や生理痛などで
鎮痛剤を摂取しがちです。

薬品は用法容量を守り
正しく服用するようにしましょう。

 

そして規則的な運動を心がけ、
食生活にも注意しましょう。

肝臓に良いとされている成分に
タウリンがあります。

シジミやカキなどの貝類に
多く含まれている成分ですので、
お酒を飲んだ時など意識して摂取すると良いと思います。

貝

またウコンやレバーなどの鉄分も重要。
食生活や普段の生活を少し工夫して、
健康な体を目指したいですね。

 

 【まとめ】

・肝機能異常の原因は様々、精密検査で原因の究明を。
・アルコールだけでなくウィルスが原因の場合も多い。
・食生活や日常生活の改善で、健康な肝臓を目指そう。

 

Sponsored by Google

コメントを残す