夜間頻尿の原因・対策は?

Sponsored by Google

夜、眠りについたあと尿意をもよおして
何回か起きてしまうことはありませんか?

人体

また尿意をもよおしてしまうのではないかと思い
ぐっすり眠ることが出来ずに
日常生活に支障をきたしている状態を
「夜間頻尿」と言います。

夜間頻尿は加齢とともに悩む人が
増えていると言われている身近な問題でもあります。

今回は、そんな「夜間頻尿」について
お話したいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■夜間頻尿の原因
■夜間頻尿の対策

 

夜間頻尿の原因

夜間頻尿には、
大きくわけて3つの原因がありました。

 

 夜間多尿

本来日中に多く作られる尿が、年齢を重ねるに従って
心臓や腎臓の働きが低下することで
夜間に尿量が多くなってしまう状態のことを言います。

また、夜間の尿量を減らす
抗利尿ホルモンが十分に分泌されなかったり
効力を発揮できなかったりするようになることも
原因とされています。

また、自分が思っている以上に
体に蓄積されている水分量が多かったり、
高血圧や心臓病などのお薬の影響で
夜間多尿になっている場合もあります。

 

 機能的膀胱容量の減少

前立腺肥大症、神経因性膀胱炎、
過活動膀胱などの病気が原因で
膀胱に尿をためておけなくなった状態で、
1回の尿量も減ってしまうことを
機能的膀胱容量の減少と言います。

 

 睡眠障害

特に高齢者は眠りが浅く、
ちょっとしたことで目を覚ましてしまいます。

トイレに行きたくて起きるのか、
目が覚めるからトイレに行くのか
よくわからないという声を多く聞きます。

この睡眠障害は、うつ病や不眠症などの
精神的な病気以外に、
睡眠時無呼吸症候群やむずむず足症候群などの
多くの病気が関連している可能性もあるようです。

 

夜間頻尿の対策

 水分の取りすぎに注意

まずは、水分を取りすぎていないか確認してみましょう。

水分を多く取ることは大切と言われていますが、
水分を多く取ればトイレの回数は当然増えますよね。

一日の水分量は、体重の2%で十分だそうです。

体重50kgの人は約1リットルの水分量で
良いということになります。

人間の体は1日に2リットルの水分が
入れ替わっているとも言われますが、
食事からも水分は補給されるので、
水分はそれほど摂る必要もないのです。

夕食以降のお茶やコーヒーは控えるようにすると
少し改善されるかもしれませんね。

 

 軽い運動

1日20分以上散歩やジョギングをするだけでも、
適度な疲れを感じることで眠りが深くなります。

 

 冬場は暖かくして寝る

寒いとトイレが近くなるので、
冬は湯たんぽなどで暖かくして寝てみましょう。

 

 足首をよく回す

足首を回すとふくらはぎにあるツボが刺激されるので、
腎機能の働きが良くなります。

また、血行も良くなるので血圧が下がり、
睡眠の質が良くなります。

足の指の間に手の指を入れるようにして、
足の指をしっかり開きながら
足首を回すのがより効果的です。

 

 【まとめ】

・夜間頻尿は加齢とともに悩む人が増えている身近なもの。
・大きく分けると夜間多尿、機能的膀胱容量の減少、睡眠障害の3つに原因がある。
・日常生活では水分の取りすぎに気をつけたり、適度な運動を行うなどして
 睡眠の質を上げることが大切です。

 

Sponsored by Google

コメントを残す