財布をなくした時の対処法とは?焦らない対応

Sponsored by Google

財布

財布をなくすと
カードや免許証は利用停止しなければならず、
運悪く大金を入れていたら
ひどく落ち込みますよね。

筆者も一度、財布をなくしたことがありますが
その時は1週間くらい落ち込みました。

今回は財布をなくしたらどうすれば良いのか、
また財布をなくしやすい状況

お伝えしたいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■財布をなくす状況を考える
■財布をなくした時の対処-私の体験談

 

 財布を落とす状況を考える

1年のうちに財布を数回なくす人もいれば、
財布を落としたことがない人もいると思いますが、
なぜ落とす人、落とさない人に
分かれるのでしょうか?

花火大会の翌日は、
河川敷に財布が落ちていることがありますが、
花火と人ごみに意識が集中している為
なくすのではないかと推測されます。

他には酔っぱらっている最中は、
何事にも意識が集中しない為
完全な無防備状態になるわけです。

人に盗まれたり、落としたりといったことが
発生しやすい状況だと言えるでしょう。

男性にありがちなのは、
後ろのポケットに入れている場合、
なくなっても気づきにくいという難点があります。

常に意識を後ろポケットに向けている訳に
いかないですからね。

以上のことから、
考え事をしている、または意識が他に集中している時に
財布をなくす確率は増える
といえます。

常日頃から、定期券と財布は別にするとか
カードの連絡先とかは手帳に控えるなど
リスクを分散させるように心がけましょう。

 

 財布をなくした時の対処-私の体験談

筆者は名古屋在住なので、
ところどころの地域名称は
各々の地域に置き換えて読んで下さい。

以下にこうすれば財布を無くしてもクールでいられる、
という手順書みたいなものを作成しました。

これで財布を無くしてもOK!です。
*いや、なくさん方がいい。
 

 ASAPでクレジットカード、キャッシュカードを凍結させる

As soon as posible、1秒も早く! です。

ネットで調べるとこんな感じで
銀行は24時間対応しています。

http://www.bk.mufg.jp/kouza/card/visa/inquiry/lost.html

速攻で電話して口座凍結します。
口座番号があった方がスムーズにいくので
手元に通帳があると便利です。

カード再発行の手続きについても
聞いておくべしです。

クレジットカードは
電話口で無料で再発行手続きまでやってくれます。

再発行には2週間くらいかかります。

ただし、カード番号が変わるので
クレジットカードで公共料金等の引き落としをしている場合
番号を変更しないといけません。

銀行キャッシュカードは再発行するには来店義務あり。
印鑑、身分証明書、通帳、手数料1050円必要です。

 

 最寄の警察署に紛失届を出す

ネットでは住民票が必要、とか書いてありましたが
必要ありません。

印鑑くらいあればいいです。

紛失届には
・いつ無くしたのに気づいたか?
・どの辺りで紛失したか?

など細かい記載事項があります。

紛失届を書き、警察から紛失届出番号を聞き、
メモに控えます。

紛失届出番号はいろいろなところで
聞かれるので大事。

 

 免許も紛失した場合、
   全国信用情報センターに免許紛失の記録を依頼。

怖いのは免許を利用して
消費者金融でキャッシングされることです。 

消費者金融といえど、金を貸すには
個人情報の照合をするので、
大元となる個人信用情報に「免許紛失」の記録をすると
リスクが軽減されます。

名古屋の場合、中部レンダースになります。

http://chubu.fcbj.gr.jp/

24時間対応で電話受付で対応してくれます。
ただし、電話受付の場合は仮登録となり
15日間だけ有効になります。

きちんと登録するには書類郵送か来社する
必要があります。

尚、まっとうな消費者金融はいいのですが
闇金で借りられたらどうするのか?

基本的に闇金の貸借は違法なので
請求書がきても、契約の追認をしなければいいです。
(要は無視です。)

 

 キャッシュカード再発行はいずれにせよ
  身分証明書が必要なので先に免許の再発行をしておくと良い。

 
最寄の警察もしくは免許登録センター(平針)にて
免許の再発行ができます。

最寄の警察では再発行に2週間くらいかかりますが、
免許登録センターではその日のうちに再発行してくれます。

必要なものは
写真、印鑑、手数料3200円。

 

 銀行でカード再発行

印鑑、身分証明書、通帳、手数料1050円必要。

 

 中部レンダースに紛失登録

印鑑、身分証明書必要。

 

 財布購入

 

そんな感じです。
ただしなくさないことが一番なので
常日頃からリスク分散は必要ですね。

 

 【まとめ】

・財布をなくしたら気持ちを落ち着けて冷静な判断を。
・なくしやすいのは意識が他にいっている場合が多い。
・財布をなくした場合、早急な各種手続きが必要。

 

Sponsored by Google

コメントを残す