目の下の痙攣の原因、治し方とは?

Sponsored by Google

時々、ふっとした時に、目の下がピクピク!って
痙攣することってありませんか?

充血

鏡で見るとハッキリ分かるくらい
動いていることもありますし、
しばらく続いて心配になることもあります。

何かの病気なの?って心配になることもありますので、
今回はこの目の下の痙攣がなぜ起こるのか、
対処法などはあるのか
探ってみたいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■目の下の痙攣の原因って何なの?
■突然始まったピクピク、治し方はあるの?

 

目の下の痙攣の原因って何なの?

まず、とにもかくにも一番の原因は
【疲労】のようです。

目はご存知のように顔の中でも
とても繊細で大事な器官、
それだけ心身共に疲労は目に直結しているようです。

 

また、心身共に、という訳で
2通りの理由があると言えます。

1つ目は、先述したように
文字通りの目の酷使による疲労です。

パソコンなどのデスクワークが今は増えていますので、
長時間目の使いすぎなどで起こります。

また目の酷使だけでなく、
体力的な疲労がそのまま目の下の痙攣に繋がることもあります。
寝不足などで体力が落ちているとなる可能性もあります。

2つ目は、精神的な疲労です。
実は神経と目って複雑に繋がっているんですね。

とは言え、目の下の痙攣については、
大きな病気などとは関係なく心配する必要はないようです。

 

突然始まったピクピク、治し方はあるの?

とにもかくにも、疲労が原因ですので、
その元をなるべく軽減することが大事です。

また、身体的な疲労であれば
ビタミンB不足なども考えられるようですので、
ビタミンB入の目薬なども有効です。

 

他にも、目の周りのマッサージや、
パソコンを長時間見ることをやめて、
1時間ごとに10分間は遠くを見つめるなども効果的です。

自宅にいる時は、蒸しタオルで
目を覆ってあげると気持ちいいです。

いずれも、ゆっくり休息を取り
目を休めてあげましょう。

とは言っても、目の下だけでなく
顔面が麻痺したように感じる場合などは、
病院に行くことをお勧めします。

 

 【まとめ】

・目の下の痙攣の主な原因は、疲労によるものが大きい。
・デスクワークによるパソコンの見過ぎ、寝不足、ビタミンB不足などが多い。
・目の周りのマッサージやツボ押し、遠くを見つめ目を休める。
・基本的には疲労・ストレスを軽減させることで目の下の痙攣は治る。

 

Sponsored by Google

コメントを残す