i-phone 迷惑メールの対処法とは?

Sponsored by Google

iPhoneを使用し始めてから
迷惑メールに悩む人が増えています。

iphone

しかし、迷惑メールを拒否する設定方法が
よくわからないという人も多く、
なかなか迷惑メールを撃退することができないでいます。

こういった迷惑メールのことを「スパムメール」といい、
メール本文にはURLなどが載せられているが
ワンクリック詐欺などの被害に遭う可能性が高いので
絶対にクリックしてはいけません。

また、大半がアダルトサイトへの勧誘です。
個人情報を盗もうとするウイルスメールも増えているので、
こうしたスパムメールは受信を拒否する必要があります。

そこで、今回は「iPhoneの迷惑メールの対処法」
についてお話したいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■iPhoneに送られてくる迷惑メールとは?
■iPhoneの迷惑メールの対処法とは?

 

iPhoneに送られてくる迷惑メールとは?

iPhoneに送られてくる迷惑メールは、
日本国内で一般的に使われているドメインでないものが多いです。

国内で一般的なドメインというと
「.com」「.jp」「.co.jp」「.ne.jp」ですが、
スパムメールによく用いられるドメイン
「.biz」「.asia」「.ru」「.info」「.mobi」「.cl」
といったあまり見かけないドメインです。

 

iPhoneの迷惑メールの対処法とは?

iPhoneはdocomo・au・Softbankの
3キャリアから発売されています。

そのため、迷惑メールの対処もキャリアごとに異なります。
どのキャリアでも迷惑メールフィルターなるものを
設定することができるので、こちらを利用しましょう。

 

 docomoの場合

①「ドコモお客様サポート」にアクセスし、
「サービス・メールなどの設定」から「メール設定」を選択。
②「詳細設定/解除」を選択し、spモードパスワードを入力し「決定」を選択。
③「受信/拒否設定」から「設定」にチェックを入れて「次へ」を選択。
④「ステップ5」の項目までスクロールし、
拒否したいものが@以降のドメインならば「ドメイン拒否設定」
拒否したいものがメールアドレスそのものの場合は「アドレス拒否設定」へ進む
⑤拒否したいドメインまたはアドレスを入力して「登録」を選択すると設定が完了します。

 

 auの場合

①「auお客様サポート」にアクセスし、
ログイン後に「迷惑メールフィルター」のページへ。
②「拒否リスト設定」を選択して「有効」を選択後
拒否したいメールアドレスまたはドメインを入力して
「本機能で拒否したメールを迷惑メール検知率向上に活用することに同意する」
にチェックを入れて「変更する」を選択。
③変更確認画面で「OK」を選択すると設定が完了します。

 

 Softbankの場合

①「My Softbank」にアクセスし、ログイン後に「メール設定(SMS/MMS)」を選択。
②「迷惑メールブロックの設定」という項目の「変更する」を選択。
③「個別設定はこちら」を選択。
④「受信許可・拒否設定」の項目から、好みの設定を選択する。

 

受信許可・拒否設定には
・「ケータイ/PHSからのみ許可設定」
・「受信許可リスト設定」
・「受信拒否リスト設定」

の3種類があります。

パソコンのメールアドレスからの受信すべてを拒否したい場合には、
「ケータイ/PHSからのみ許可」を設定します。

受信したいメールアドレスを個別に設定するには、
「受信許可リスト設定」から、「設定する」を選択して
受信を許可するメールアドレスを入力します。

受信したくないメールアドレスを個別に設定するには、
「受信拒否リスト設定」から、「設定する」を選択して
受信を拒否するメールアドレスを入力します。

 

許可リスト・拒否リスト共に
「完全一致」「後方一致」「前方一致」「部分一致」
の4種類を選択することができます。

メールアドレスそのものを受信・拒否設定できる他に
「.biz」「.info」などのドメインのアドレスすべてを受信・拒否できる「後方一致」、
@より前の部分が同じで、@以降のドメインを変えて送ってくるアドレスの
すべてを受信・拒否できる「前方一致」
アドレスのどの部分でも当てはまる文字を受信・拒否できる「部分一致」
という使い分けができます。

 

 【まとめ】

・スパムメールに多い受信を拒否しておきたいドメインは、
「.biz」「.asia」「.info」。
・3キャリアとも、迷惑メールを拒否するメールアドレスまたは
ドメインそれぞれの個別設定ができる。
・docomoとauの迷惑メールフィルターは拒否設定のみでき、
Softbankは受信と拒否両方の個別設定ができる。

 

Sponsored by Google

コメントを残す