目の下の痙攣の原因、治し方とは?

Sponsored by Google

忙しい生活を繰り返していると、
気付かない内に体内に溜まった疲労やストレスが、
何らかのサインで教えてくれることがあります。

その中に、突然「目の下がピクピクする!!」
ということはありませんか?

目

誰もがきっと「あるある!」体験だと思います。

何かの病気なんじゃないの?治す方法はある?
という疑問が湧きましたので、
少し調べてみたいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■目の下の痙攣の原因って何なの?
■病気の可能性もある?治し方とは?

 

目の下の痙攣の原因って何なの?

目の下の痙攣の原因…
一番思い浮かびやすいのは「ストレス」ですよね?

基本的に、パソコンやスマホの見過ぎなどによる目の酷使は、
かなり目の神経を使いますので、時々なることがあります。

 

他にも、睡眠不足やコンタクトレンズが
目に合っていないなども、
目の痙攣に繋がることがあるようです。

いずれも、目の神経と体の疲れは
密接に関連しているという訳ですので、
目を酷使していると思い当たる人は、
気を付けることができると思います。

 

病気の可能性もある?治し方とは?

とは言え、ずっと目の下の痙攣が続くような場合、
単にストレスや疲労だけが原因ではなく、
病気の場合もあるとか。

 

一例をご紹介します。

 考えられる病気

 

 眼けん痙攣
→大脳基底核の機能異常と考えられ、
下まぶたから始まり、徐々に両目の上下まぶたで痙攣し始めるようです。

 片側顔面痙攣
→神経の異常が顔面に出て血管によって圧迫される、
片側の目から軽い痙攣が始まり、徐々に頬や口元まで広がっていく。

 顔面ミオキミア
→眼精疲労や、寝不足、ストレスなどによって起こり、
まぶたが小さく不規則に痙攣する。

こういった病気の場合は、専門の治療が必要とされます。

やはり長い期間痙攣が続くようであれば、病院へ行きましょう。

 

では、普段気を付けることができる点には
どのようなものがあるでしょうか?

ズバリ「目に優しい生活」を心がけることです。
当然ですが、ストレスを溜め過ぎない、
上手に発散すること、睡眠を十分取ること、
コンタクトレンズは清潔に保つ、などができます。

また、バランスのいい食事や、
目にいいとされているカシスやブルーベリー、
ビタミン
をたっぷり取って目をいたわってあげましょう。

 

 【まとめ】

・目の下の痙攣の大概の原因は「疲労・ストレス」。
・稀に眼けん痙攣、片側顔面痙攣、顔面ミオキミアなどの病気の場合もある。
・ストレスを溜め過ぎない、、睡眠を十分取る、
コンタクトレンズは清潔に保つなど工夫を。
・カシスやブルーベリー、ビタミンを積極的に取る。

 

Sponsored by Google

コメントを残す