野良猫対策 追い払う方法とは?

Sponsored by Google

筆者の家の近所に野良猫の集団がいて
家に侵入して来たり、ひっかき傷を作ったり
かなり悪さをしております。

野良猫

野良猫対策として
ご近所さんの家のまわりには、
猫除けらしき水入りのペットボトル
電柱などにくくりつけられています。

あれを野良猫が怖がっているかどうかは、
よく分かりませんが効果はあるのでしょうか…

夏であれば、猫は水が嫌いなので、
家のまわりに水をまいたり、
水鉄砲を使って追い払うという人もいるようです。

今回は、野良猫に困っている方のために
野良猫対策についてご紹介します。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■野良猫対策グッズを利用
■猫が出入りする場所をふさぐ方法
■捕獲器でつかまえる

 

野良猫対策グッズを利用

野良猫対策グッズとして
まずは猫の嫌いなニオイを発する「忌避剤」が挙げられます。

 

猫は柑橘類、コーヒー類などの臭いを嫌うといいます。

忌避剤を浸入されたくない場所に撒くのが
もっともシンプルな対策になります。

 

また、猫は肉球がベタつくのを嫌うので、
粘着テープを裏返しにして通り道に敷いておくと、
近寄らなくなるみたいです。

猫は濡れるのを嫌いますので、
他には、以下のような対策も有効です。

 こまめに水撒きをする
 保水性のよい土をまいて、常に湿らせておく

 

あとは猫が嫌う植物というのもあるようです。

その名も「猫不寄(ねこよらず)」という植物で、
ミカン科ヘンルーダ属のハーブで、
オーストラリアでは猫が嫌がる植物として有名ということです。

ただ当初は有効かもしれませんが
猫も次第に臭いに慣れていきますので
恒久対策をするのであれば、
別の対策を講じる必要があります。

 

猫が出入りする場所をふさぐ方法

物理的に野良猫を入れなくする方法です。
入られて困る場所をぐるりと
園芸用ネットなどで囲いましょう。

また猫は肉球がやわやかく、尖ったものを嫌いますので
突起の付いたシートを置いて、
猫が歩きにくくする方法もあります。

ゴミ箱や食べ物があるとやってきますから、
ニオイの出るものを置かないことも大切です。

 

捕獲器でつかまえる

いずれの方法を試しても効果がない場合は、
捕獲するしかないでしょう。

猫は習性として場所に異常に執着
一度、トイレに決めた場所は
死ぬまでトイレとして使おうとします。

覚悟を決めて対峙するしかありません。

 

ちなみに捕獲器はホームセンターなどで、
1万円程度で購入できます。

捕獲器の中に、
猫の好きそうな魚や煮干などを置いて
通り道に仕掛けておきます。

猫が捕獲器に入ったら、
最寄りの保健所に連絡し、引き取りを依頼しましょう。

 

 【まとめ】

・シンプルな対策としては猫の嫌がる忌避剤などを使用する。。
・そもそも猫が出入りできないようにしたり、猫が嫌がる環境を作る。
・それでも被害に悩まされるなら捕獲器でつかまえて、保健所に持ち込む。

 

Sponsored by Google

コメントを残す