飛蚊症の効果的な治し方とは?

Sponsored by Google

視界に黒っぽい糸くずのようなものがちらついて
気になることはありませんか?

疲れ目

それは「飛蚊症」という目のトラブルです。
目にゴミが入ったのかな、と思って瞬きを繰り返しても
浮遊物が消えることなくずっと残っていると
とても気になりますよね。

そこで、今回は「飛蚊症の効果的な治し方」について
お話したいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■飛蚊症の症状や原因
■飛蚊症の効果的な治し方

 

飛蚊症の症状や原因

飛蚊症の症状は、糸状や小さな丸のものが
目の前を飛んでいるように見える
というものです。

この浮遊物は、黒っぽかったり半透明のもので
視点を変えると動き回るように感じます。

これは、瞬きをしても目をこすっても変化なく
なかなか消えてくれません。

特に、空を見上げたり白っぽい壁を見たときなど、
明るい場所ではっきり見えることが多いです。

 

飛蚊症の原因は、
ずばり紫外線による活性酸素でした。

私たちの目は、日常生活で
光を見ることが多いですよね。

太陽の光、電気の光、テレビやパソコン、
携帯電話の光もそうです。

外から入ってきた光と同時に
目は紫外線も浴びています。

この紫外線が活性酸素を発生させており、
目の中の水分と反応を起こして
たんぱく質や脂質が酸化されてしまうのです。

この酸化によって組織が変質されたもの
飛蚊症の浮遊物となって
ちらつく症状を引き起こしています。

 

この酸化に対抗するのは酵素で、
体の免疫機能が正常な場合は
酵素で酸化を抑えることが可能です。

したがって、酵素の分泌が正常に行われる場合は
飛蚊症にならなくて済むのです。

この酵素の分泌は加齢とともに分泌量も減るので、
高齢になってくると飛蚊症になる人も増えてきます。

しかし、近年は生活環境が変化してきているため
若い方で飛蚊症に悩む方も多くいらっしゃるようです。

 

飛蚊症の効果的な治し方

まずは、飛蚊症で悩む人にとって多くの原因とされる
活性酸素を発生させないよう努めなければなりません。

そのためには、

 サングラスをかけて外出する
 テレビやパソコン、携帯電話の使用はほどほどにする

などの紫外線から目を守るような対策が必要です。

 

あとは、活性酸素を分解してくれる酵素を増やすために
現在の食生活を見直したり
ストレスを溜めないような生活をすることも大切です。

酵素を増やせば、徐々に
飛蚊症のちらつく症状もなくなっていくので
症状をなくすまでには時間がかかるので、
根気よく体に気を遣う生活を心がけましょう。

 

 【まとめ】

・視界に黒や透明の糸くずのようなものがちらつくのは飛蚊症という目のトラブル。
・飛蚊症は紫外線による活性酸素が原因。
・原因となる活性酸素を分解してくれる酵素の分泌量を増やすために
栄養バランスに気をつけた食事を摂る。
・紫外線を直接浴びないためにもサングラスを使用したり
テレビやパソコンの使用をほどほどにし控えることも大切。

 

Sponsored by Google

コメントを残す