子供の熱中症 症状は?【下痢、発熱、頭痛がでる?】

Sponsored by Google

毎年夏になると、熱中症の話題で持ちきりですが
大人も子供もしっかり熱中症対策をしていないと、
最悪の場合は死に至るケースもあります。

熱中症

事前に熱中症に関する知識をしっかり持っておくことが
予防につながります。

そこで、今回は「子供の熱中症」について
症状や熱中症にかかりやすくなる条件などを
お話していきたいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■熱中症の種類と症状
■熱中症にかかりやすくなる条件

 

熱中症の種類

人間は暑い時に体から汗を出すことで、
熱を放出して体温が上昇しすぎるのを防いでいるのですが、
水分や塩分が足りなくなると
このような体温調節をすることはできなくなります。

そうした時に起こる障害のことを熱中症と呼んでいるのですが、
熱中症は大きく分けると4つあり、
現れる症状も種類によって様々です。

 

 熱失神

血管の拡張で血圧が低下し、
脳へ流れる血液が減少することで起こる熱中症です。

めまい、失神、顔面蒼白、脈が速くなったり
弱くなるなどの症状が現れます。

 

 熱疲労

体温が上がり、汗が多く出ることで血圧が下がってしまい
脱水になってしまうものです。

倦怠感、めまい、吐き気、頭痛などの症状が現れます。

 

 熱けいれん

大量の汗をかいたのに、
塩分補給が足りない場合に起こります。

足・腕・腹部の筋肉のけいれん、
節々の痛みなどの症状が現れます。

 

 熱射病

体温が急激に上昇することで、
中枢機能に異常が起こるものです。

反応が鈍い、ろれつが回らない、
意識が朦朧とするなどの症状が現れます。

 

熱中症にかかりやすくなる条件

気温が26度以上あり、湿度が60%以上ある場合
脱水状態になりやすいので注意が必要です。

また、急に暑くなった日や前日に雨が多く降った場合も
気温差に体が慣れるまで時間がかかるので、
熱中症以外にも体調を崩しやすくなります。

 

気温などの条件以外にも
その日の子供の体調や子供の性格によって
かかりやすいこともあります。

 寝不足
 体調不良(発熱、下痢)
 肥満
 汗をかきやすい
 朝食をあまり食べない子供
 我慢強い性格の子供
 まじめな性格の子供

 

また、子供の熱中症のサインとして
以下のような状態に注意しましょう。

 顔が真っ赤
 尿が少ない
 急に汗をかかなくなった
 元気がない
 ふらふらしている

上記の状態はすでに熱中症になっている可能性があるので
水分補給をしっかりする・涼しいところで休むなどの対応が必要です。

 

子供の熱中症の症状としては
軽度の場合はめまいや立ちくらみなどで済みますが、
中度‐重度の場合は下痢、発熱、頭痛、吐き気などを伴う場合があります。

親としても早めに子供のサインを見極めて
適切な対応が取れるようにしましょう。

 

 【まとめ】

・水分や塩分が足りなくなって体温調節ができなくなると起こる障害を熱中症という。
・熱中症で現れる症状はめまいや倦怠感、頭痛、吐き気など様々で、
熱中症の種類によってはけいれんを起こしたり意識が朦朧とすることもある。
・熱中症にかかりやすくなる条件は、気温が26度、湿度が60%以上の時で
子供の体調や性格によってかかりやすくなる場合もある。

 

Sponsored by Google

コメントを残す