下痢が続く原因とは?【大人の場合】

Sponsored by Google

今もたまに、テレビで
急な下痢を止める薬などのCMが流れることがあります。

下痢

電車に乗っている時、大事な会議中、
試験、仕事中…

とにかく、「絶対今無理!」と言う時に限って
襲ってくる腹痛や下痢。
本当に困りモノです。

一度トイレに行って収まってしまえばいいのですが、
中々止まらずに続いているという方もいるかもしれません。

今回は、下痢が続く原因を探してみたいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■下痢の原因って何?
■大人でも下痢が続く時、原因は何? 食事はどうしたらいいの?

 

下痢の原因って何?

下痢の主な原因は、2通りあるそうです。

1つは、急性下痢

これは一過性のもので、
誰しも経験する種類の方ですね。

冷えや細菌、消化不良、アレルギー、
また心配事などのストレス心因性によるものなど様々ですが、
大体1週間も経てば自然に治ってしまいます。

子供の時によく下痢をする子がいましたが、
子供の場合はどちらかと言うと
消化不良や牛乳が当たったとかアレルギーなどが原因です。

 

2つ目は、慢性下痢

こちらが、今回考えている「長引く」下痢、
そして子供ではなく大人がなる場合が多いですので、
次の項目で考えたいと思います。

 

大人でも下痢が続く時、原因は何? 食事はどうしたらいいの?

長引く下痢の場合、こちらがちょっと厄介で、
2週間経っても治まらなかったり、再発を繰り返します。

原因は一過性のものよりかなり重く、
腸の疾患(大腸がんなど)によるもの、
内蔵疾患によるもの、糖尿病などによるもの
など、
かなりたくさんの原因があるようです。

市販の下痢止めなどを服用しても症状が改善しない場合、
これらの疾患の可能性が強いようですので、
病院で診察が必要です。

 

また最近では、「過敏性腸症候群(IBS)」というものが増えており、
腸に異常がないのに下痢が続くこともあるそうです。

これは心因性の原因と言われており、
ストレスや不安、緊張があるとなるようです。

よく緊張するとお腹を壊す人がいましたが、
こういったものもあるんですね。

 

下痢が続いている場合の食事ですが、
肉類や脂分はやはり控えましょう。

麺類はいいかと感じますが、
ラーメンは逆に脂肪分が多いのでパスした方がよさそうです。

魚系も、白身以外は繊維が多いので
控えた方がよいようです。

生野菜や特にゴボウなどの繊維質の多いものも、
消化が悪いとされているので控えましょう。

反対によいのは、野菜スープや葛湯など
お腹に刺激の少ないものがよいです。
おかゆやおじやもお腹に優しいですね。

他にも、じゃがいもや人参などを煮たり、
りんごやバナナなど、消化のよいものを食べましょう。

水分は、下痢で急激に奪われているので、
吸収のよいスポーツドリンクなどで摂りましょう。

当然ですが、アルコールは
内臓に負担をかけますのでもってのほかです。

 

 【まとめ】

・下痢の主な原因は、急性下痢と慢性下痢。
・長く続く場合は慢性下痢で、大人の場合腸の疾患、
内蔵疾患、糖尿病などが考えられる。
・下痢止めが効かない場合は、病院で診察してもらう。
・「過敏性腸症候群(IBS)」もあり、これは腸の異常がなくても起こり、
ストレスなどが原因の下痢。
・肉や油を控え、おかゆや消化のよい果物、
スポーツドリンクでお腹に優しいものを摂る。

 

Sponsored by Google

コメントを残す