汗っかきの治し方 シンプルな方法とは?

Sponsored by Google

いよいよ夏がやってきました!

汗

日焼けと同じくらい
心配なことと言えば汗ですよね。

汗っかきの人は季節など関係なく
常に汗に悩まされているというのに、
夏が来ると余計に汗をかきやすくなるので
嫌いな季節なのではないでしょうか?

そこで、今回は「汗っかきの治し方」
についてお話したいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■汗っかきの原因とは
■汗っかきの治し方

 

汗っかきの原因とは

汗っかきにも種類があり、
体温調節とは関係なく汗をかく「多汗症」
体温調節のために汗をかく「汗かき」とがあります。

多汗症も汗かきも、
様々な原因が考えられます。

 

 体質が原因の場合

3歳までの時期にあまり汗をかかない生活をしていると
汗腺が発達しないので、
体温調節をしにくい体になってしまいます。

 

 病気が原因の場合

甲状腺ホルモンが増加して
全身性の多汗症を引き起こしてしまった場合や、
神経伝達系に障害が起きて
代謝異常やホルモンバランスが乱れてしまうと
多汗症になることがあります。

 

 ストレスが原因の場合

不安を感じた時や人前で何かをする際に緊張を感じると
普通の人より多くの汗が出る症状も多汗症です。

顔や頭部を中心に、手のひらや足の裏、
脇の下に汗をかきやすいです。

 

 飲酒や食生活が原因の場合

肉類や脂っこい食事が好きな方は、
食生活が原因の多汗症になりやすいです。

汗の臭いや体臭の臭いが強くなるのは、
体液が酸性になることが原因ですが、
糖分、肉類や脂っこい食事は体液を酸性にします。

 

 体毛が原因の場合

毛深い人は、汗腺が刺激されることが多く
多汗症になりやすいです。

 

汗っかきの治し方

汗っかきの治し方は原因により
様々な方法がありますが、
基本的にはなるべくストレスをなくして
食事に気を遣っていれば改善が望めるでしょう。

 

 体質が原因の場合

汗腺を増減させるのは不可能なので、
根本的な治療は難しいです。

汗とりパットを使ったり
いつでも汗が拭けるようタオルを持ち歩いたりと、
汗に対する対処療法で乗り切るしかありません。

 

 病気が原因の場合

病院で治療を行うことで改善されます。

注射で汗を抑えたり、塗り薬を処方されます。
改善されない場合は手術をすることもあります。

基本は健康保険が使える治療ですが、
注射は自費の場合が多いです。

 

 ストレスが原因の場合

ストレスをコントロールすることで改善されます。

多汗症だけではなく、
様々な病気や症状の原因にも影響するのがストレスです。
多汗症からワキガを併発させることも多いです。

 

 飲酒や食生活が原因の場合

食生活を改善することで
多汗症も改善させることができます。

辛味のある刺激の強い食事や
熱い食事は汗をかきやすいので
なるべく摂取しすぎないように気をつけたり、
汗をかいてもサラサラにしてくれる作用のある豆類を
積極的に摂取するようにすれば
多汗症対策になります。

 

 体毛が原因の場合

脱毛することで改善できる可能性があります。

毛深いことが刺激になっているのはもちろんですが、
細菌がたまりやすく臭いも強くなりやすいです。

一番良いのはシャワーを浴びて汗を流すことですが、
汗をかく度にシャワーを浴びるのは不可能なので
汗ふきシートで汗を拭き取るなどして
なるべく体を清潔に保つ方法をおすすめします。

 

 【まとめ】

・汗っかきには体温調節とは関係なく汗をかく「多汗症」と、
体温調節のために汗をかく「汗かき」とがあり、
その原因は様々である。
・体温調節がうまくできない原因は、
3歳までの時期にあまり汗をかかない生活をしていたことにある。
・現代ではストレスや食生活が多汗症の原因になっていることが多く、
ワキガも併発しやすい。
・汗をかいたらすぐに汗ふきシートで拭くなど、
体を清潔に保つことが望ましい。

 

Sponsored by Google

コメントを残す