エコ運転の仕方・コツとは?

Sponsored by Google

今、なにかと流行のエコ。
エコ家電、エコカー、エコ用品、
いろいろなエコグッズがありますよね。

eco検定なるものもあるらしく、
まさに今、時代はエコ一色ですね。

そんな中身近にできるエコとして、
車に乗る方は必見!
エコドライブなるものがあります。

エコカー

車って二酸化炭素を排出するし、
何かと地球にわるーいイメージがありますが、
そんな車もドライブのやり方一つで
環境に優しくなるんだったら
とってもいいことですよね?

燃費も節約できて地球にも自分にもやさしいエコドライブ、
今日はそんなエコドライブについて詳しくお話していきます。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■エコドライブの仕方
■エコドライブのコツ

 

エコドライブの仕方

エコドライブの仕方はたくさんありますが
代表的なものをいくつか紹介します。

 

まずはアクセルの踏み方
発進するときはゆっくりとアクセルを踏んで発進しましょう。

急発進するのとゆっくり発進するのとでは、
10%の燃費の違いが生じます。

ゆっくり発進することで
安全運転にもつながりますよね。

 

発進後も急加速、急減速は控え、
なるべく一定速度を保って走行すると
燃費がよくなりますよ。

車間距離が短くなると
それだけ加速や減速の量が多くなりますので
車間距離もゆとりをもつと良いですね。

発進時にゆっくりと発進したのと同じように
停車するときにも早い段階から
アクセルから足を離すようにすると
エンジンブレーキが作動し、
2%燃費の改善につながります。

 

また夏の季節に大活躍するのが冷房
真夏の車内は灼熱地獄ですよね。

ガンガンに冷やしたい気持ちも分かりますが、
そこは少し我慢。

なるべく炎天下での駐車は避けて、
もし炎天下に駐車した場合は、
窓を開けて喚起し、中の熱を冷ましましょう。

 

また、無駄なアイドリングは避けることが大切です。

アイドリング

たった10分間のアイドリングで
約130ccの燃料を消費してしまいます。

多くの自治体でもアイドリングストップを義務づけています。
5秒以上停車するのなら
アイドリングは辞めたほうがエコにつながります。

 

エコドライブのコツ

エコドライブをしようと思っても
ついつい忘れてしまって
うっかりいつものように急発進したり
アイドリングしてしまったり
なんてこともあるかと思います。

まず初めは、発進時、走行時、減速時のみ
気をつけてみてはいかがでしょうか?

慣れてくると今度は停車時やエアコン等にも
意識を向けてみてください。

きっと自然とエコドライブが
身につく日がくると思いますよ。

地球にもお財布にもやさしいエコドライブ。
ぜひ今日からはじめてみてはいかがでしょうか?

 

 【まとめ】

・エコドライブで気をつけるのは発進時、走行時、減速時、停車時。
・少しのことを気をつけるだけで燃費改善につながり
地球にもお財布にもやさしいドライブが実践できる。

 

Sponsored by Google

コメントを残す